Loading
理念・存在価値

理念・存在価値

歯科医師は素晴らしい職業だと改めて世間に知らしめたい

私が歯科大学の学生時代は日本の経済はバブルの絶頂期でした。そしてその頃の歯科医師に対する世間の評価は、現在とは違って最上級でした。
これが、ほんの30年ほどの間に、開業までの費用が大きい割に、仕事の内容は3K(きつい・汚い・危険)で、経営に失敗してワーキングプアになるリスクも高い職業として認識されるようになってしまっています。
しかし歯科医師は芸術性と機能性を同時に尊びながら、歯科医療に取り組むスペシャリストです。

Mission・使命・存在理由

『開業歯科医師のステイタスアップを図る』
 歯科医師は正当な評価と対価を受けとって然るべきです。今後の日本に訪れる超高齢化社会において『食事』は「生きることの原点」です。『食事』のエキスパートである歯科医師は、いやでもその存在感を増していくことでしょう。しかしそれは「便利屋」のようなものであってはならないのです。
 バブル期のような一過性の浮ついた評価ではなく、社会全体への大いなる貢献と経済的成功、さらに歯科医師それぞれの人格を持って尊敬され、慕われるような高いステイタスを確立するべきだと考えています。まずは個々の歯科医師のステイタスアップを、そしてその先では歯科業界全体のステイタスアップを成し遂げることが、私も使命であると認識しています。

Vision・志・なすべきこと

『明確な理念を持ち、その実現に必要な経営力を備えた歯科医師を増やしていくことに尽力する』
 「力なき正義は無力であり、正義なき力は暴力である」ということは歯科医院経営にも当てはまります。自分の行いたい治療・理想とする治療を行うためには、経営力・経済力は不可欠といえます。そうかといって、理念なく経済的なことのみを追求する歯科医師にも賛同はできません。
 理念とそれを実現できる経営力の両方を兼ね備えた歯科医師の姿こそ、私が育成していきたい、支援していきたいと考える歯科医師像です。そしてこのような歯科医師を増やすことで、歯科界全体にも良い影響を与えられるもの考えております。

Value・価値観・指針

『依存せず、束縛されず、自立していることを目指す歯科医師と価値観を共有し、協力して社会に貢献する』
 「経済的自由」「時間的自由」「対人的自由」「空間的自由」「肉体的・精神的自由」を獲得して、自らの行動と責任を自らの意思で決定できる基盤を、1人1人の歯科医師、院長先生に獲得していただきたいと考えております。
 他人の価値観ではなく自分自身の価値観に従った『自由』を獲得したなら、歯科医師人生はさらに輝きを増します。あなたの意思がほぼそのまま実現するからです。まずはわかりやすくて他の自由と互換的な「経済的自由」の獲得を目指してください。あなたの「自由の獲得」を私が支援いたします。

経済的自由・時間的自由

 経済的には成功していても「時間がない」「忙しい」「仕事に追われている」という方は多いものです。逆に時間的に自由でも、経済的に困窮していたらあなたの行動は大いに制限されるでしょう。どちらか片方の自由では「不自由」なままなのです。歯科医院経営での努力の方向性は経済的自由と時間的自由を同時に獲得を目指さなくては、努力をしたにも関わらず好ましくない状況を招くことになります。
 ヒトに必ず死が訪れる以上、あなたの時間は有限です。その有限な時間を有意義に使うには、あなたの働き方も含めて「時間に対する意識」を変えなくてはなりません。歯科医師は優秀な方が多く、なんでも自分でできてしまいますから、意識から変えないといつまでたっても時間に追われっぱなしです。経済的自由と時間的自由とを共に獲得して、あなたの行動への制約をなくしてください。さらに歯科医学を極めるも良し、診療に邁進するのも良いでしょう。そこにあなたの意思があるならOKです。家族との旅行も、趣味も、人生を楽しむにも、まずはここから始めてはいかがでしょうか。

対人的自由・空間的自由・健康的/精神的自由

 あなたが歯科医院経営をしていく上で誰かから資金提供を受けていたり、ステークホルダー(利害関係者)に便宜を図ってもらっていたりすると、あなたはその人物の要求に譲歩を余儀なくされます。ましてや、不在となると院内が回らなくなってしまっている様なスタッフや、たくさんの患者を紹介してくれるVIP患者などに依存している様では対人的自由は遥か彼方です。この様な束縛から解放され、仕事でもプライベートでも気の合う人物とだけ、気のおけない関係で付き合えるならどんなに素晴らしいでしょう。
 また、あなたの歯科医院の本院そのものの場所はそう簡単に動かせませんが、内部をあなたの居心地が良い空間にしたり、分院で場所も内部も思い通りの歯科医院を構築することは『資金、人材、時間』があれば十分に可能です。そして、ここまで話してきた全ての「自由」を獲得すれば、肉体的な過負荷も、多大なストレスも背負うことなく診療にも取り組むことことができ、充実した歯科医師人生を歩めることでしょう。私はあなたにもその境地を味わっていただきたいのです。

PAGE TOP